PowerPointなどOfficeソフトの利用方法

ICT・AT

「小学校で学習する文字の PowerPoint スライド(Microsoft)(小学校で学習するひらがな、カタカナ、数字、漢字の 書き順)」など、PowerPointで利用できる教材が公開されています。PowerPointを利用する方法を紹介します。

PowerPointを購入する

PowerPointを購入する方法です。家電量販店等でPowerPointのソフトウェアが入ったパッケージを購入するイメージです。最近は、ソフトウェアはダウンロードする形式になっていることが多く、この場合は、ライセンスコード等の利用権の購入となります。

Amazon.co.jp: Microsoft PowerPoint 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台: ソフトウェア
Amazon.co.jp: Microsoft PowerPoint 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台: ソフトウェア

Microsoft365(Office365)を契約

サブスクリプションと呼ばれる購入形式です。月々決まった料金を支払うことで、常に最新版のソフトウェアやサービスを受けられるものです。

PowerPointを利用する個人向けでは、Microsoft 365 Personalがあります。WordやExcel等のその他のOfficeアプリケーションが利用できます。さらに、1TB分のオンラインストレージ「OneDrive」や固定電話や携帯電話に毎月60分通話できるSkype通話プランが付帯します。

ソフトウェアのバージョンアップに気にしなくてもよいことや、大容量のクラウドの利用ができるため、この購入方法がおすすめです。

Amazon.co.jp: Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台): ソフトウェア
Amazon.co.jp: Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台): ソフトウェア

Microsoft 365 Apps for business(Office 365 Business)を契約

利用しています!
上記で紹介した、Microsoft 365 Personalのビジネス版です。ビジネス版といっても個人利用が可能です。Skype通話プランが付帯していないこと、デスクトップアプリ(Word,Excel,PowerPointなど)のインストールを管理画面で設定する必要があることなど、若干の違いがありますが、Word,Excel,PowerPointなどが利用できることは、Personal版と変わりません。

Personal版と比較すると、できないことや、使用する手続きが複雑なことがありますが、Personal版より若干利用料金が安いです。また、Microsoftよりも更に安価で提供している会社もあります。

ビジネス版なので一人で使用しても、アカウント管理等が必要なので、こだわりがなければ、Personal版をおすすめします。

https://www.onamae-office.com/
タイトルとURLをコピーしました